お知らせ・コラム

お仕事コラム

短期がいい!日雇いバイトの勧め



学業はもちろんですが、サークルに趣味にと、何かと忙しい学生さんや、子育て中のママなど、自分の時間を優先しながら働きたい人が求める仕事と言えば、短期のお仕事ですよね。
そんな、短期バイトを探している時に気になる疑問や不安を解消し、自分にあった日雇いバイトを探しませんか?
 

■短期バイトのメリット

短期でバイトを探している人の事情は様々です。
長期のバイトでは『この先も働き続けるから』と関係を崩したくないが故に、言えないこともあるでしょう。
それに比べ、期間が決まっている短期のバイトは『期間が終わるまでの付き合い』と割り切れるため、気持ちに余裕ができますよね。
 

・好きな時に働ける

長期のアルバイトでは、半月ほど前になると、公休希望日を決め、次月のシフトが決定することが多いでしょう。当然ですが、後日に休みたい日があっても休みづらく、休みをもらえても欠勤扱いになってしまいます。
それに比べ、短期バイトなら、前もって都合のいい日を決めてから働けるというメリットがあります。
 

・短期バイトは時給が高く、待遇が良い

短期バイトは、繁忙期や期間限定やその日だけのスポットなどで募集されることが多いため、通常のバイトよりも時給が高く、交通費全額支給などの高待遇になる場合が多いです。
 

・短期バイトだからこそ淡白な人付き合いでいい

長く働くと、人間関係のいざこざに巻き込まれてしまうこともあります。
それに比べ、短期バイトは、期間が定められているため必要以上のコミュニケーションを取る必要がないのも特徴でしょう。
 

■間違えやすい『日雇いバイト』と『日払いバイト』の違い


短期バイト募集の求人で良く目にする『日雇い』と『日払い』の文字。
同じだと思っている人が多いのではないでしょうか?混同してしまいがちなのですが、実は全く違う意味なのです。
 

・日雇いバイトって何?

日雇いバイトとは、雇用形態を意味するため、一日限りの有期労働契約のことを言います。
雇用保険加入(日雇労働被保険者の該当)については、雇用保険法により『日ごとに異なる職場で働く』『30日以内の短期間で働く』という条件が満たされた場合に適用となります。
 

・日払いバイトって何?

『日雇い』が雇用形態を意味するのに対し、日払いバイトとは、給料計算においての締め日の期間を意味しており、1日単位で締めると言う意味になります。
“1日締め”のバイトと解釈できますね。
但し、お給料の締め日が1日単位というだけで、お給料の支払いが当日に必ずある、という訳ではありません。
 

■短期で働くなら、日雇いバイトがオススメ!

自分の時間を大切にしたいなら、1日だけの短期のバイトや、2日間~数日間などが選べる、日雇いバイトがオススメです。
 

・登録すれば、いつでも紹介してくれる

日雇いの仕事を紹介している会社へ登録することで、希望日にあった仕事を探すことができ、依頼しておけば紹介してくれる場合もあるので、とっても便利です。
 

・日雇いバイトは未経験でもOK

日雇いバイトとは、1日だけの仕事が前提になるため、簡単な単純作業がほとんどです。
 

■お給料はいつ貰えるの?


日払い=その日のうちに、お給料が貰えると思ってしまいがちなので、注意が必要です。
当日のお給料の支払いが可能(即日払い)かは、登録会社へ確認しましょう。

一覧に戻る